彩りある日常を創造する
アーバンファームの新しいカタチ

Agritarioアグリタリオは、東京都・国分寺市を拠点に、江戸時代中期より10代続く都市農家「島崎農園」が展開するブランドです。既存の概念にとらわれることのないアプローチで「食卓に」「生活に」「余暇に」彩りをお届けしてまいります。

カラフルニンジン
あやめ雪かぶ
ビタミン大根
ロマネスコ
枝豆
トマト
ラディッシュ
きゅうり
ビーツ
黒大根
スイスチャード
赤軸ほうれん草
白なす
カラフルニンジン
あやめ雪かぶ
ビタミン大根
ロマネスコ
枝豆
トマト
ラディッシュ
きゅうり
ビーツ
黒大根
スイスチャード
赤軸ほうれん草
白なす
カラフルニンジン
あやめ雪かぶ
ビタミン大根
ロマネスコ

生活に彩りを。東京300年野菜、次の300年へ。

Agritario
Agritario

江戸時代から令和へ。
受け継がれる野菜づくりと農地

島崎農園(Agritarioアグリタリオ)は、溯ること300有余年前(江戸中期)より、現在の「国分寺市西町」に移り住み、農業を生業に野菜を生産してまいりました。時代も移り変わり、農地は縮小し、今ではこの地も都市農家といわれる貴重なエリアとなりました。
現在は九代目平吉と十代目保夫を中心に、先祖代々受け継いできたこの農地と野菜作りの歴史を繋いでいます。古き良き伝統を重んじながら、都市農家ならではのアプローチで「生活に彩りを」をコンセプトにした様々な施策を提案してまいります。

食べておいしい、見て楽しめる

健康志向が高まり、低糖質・高タンパク・低脂質が注目されている現代の食生活において菜食が見直されています。Agritarioアグリタリオでは先代が作り続けてきた在来型の野菜に加え、「食べておいしい」「見て楽しめる」そんな彩り豊かなカラフル野菜の生産を開始しました。
イタリアンや創作レストランのメニューにも多く登場する欧州野菜を身近に感じていただけるよう、サラダやソテーを中心としたレシピ紹介を行うなど、食育にも力を入れています。

地域と人を繋ぐ、食を通じたコミュニケーションの創造

採れたての新鮮野菜のおいしさを味わっていただきたいという思いから、Agritarioアグリタリオプチマルシェを開催。野菜の販売に加え、都内で活躍するシェフやフードトラックを招致し、Agritarioアグリタリオ野菜をふんだんに使ったメニューをご提供いただいています。
また、初夏から晩秋のシーズンには、既存店とのタイアップでミニミニマルシェ(直売)を土日限定で開催しています。
スーパーで売られている野菜との違いをぜひ体感してください。

Agritario

About Shimazaki Farm

agritario statement movie

AGRITARIO(島崎農園)の全貌をお見せします。